NOT TO DO List

やらないことリスト-必要なのは,"やらない"を決めることなのかもしれない

速く学習するために効果的な10の方法

こんばんは。

 

学生の頃は、大人になったら、こんなの何の役に立つんだ!って思って勉強していたときもあると思います。

 

しかし、実際に社会に出てみると、知らないことがたくさんあります。

 

その知らないこと、わからないこと、をそのままにしておくのもいいですが、やはりしっかり学習するのが、社会人として、最低限のマナーではないでしょうか?

 

学習は、理想を達成し、可能性を最大限に実現するために、私たちを支えてくれます。

 

どのくらいの情報を学べるのかは、どのくらいの速さで学習できるかにかかっています。速く学習するためには、問題の本質を理解し、新しく学んだ概念と関連付けるためのプロセスに向けた新たなアプローチが必要です。

f:id:sn9:20160210221518j:plain

次の10のヒントは、あなたが効率的に学習することができるようご紹介させていただきます。

 

1:あなたの学習スタイルを分析しましょう。

あなたの記憶は音に関連していますか?それとも、ビジュアルコンテンツと情報を関連付けていますか?それとも体を動かして覚えますか?学習を始める前に、あなたがどんなタイプの学習者か理解する必要があります。

 

2:正しいテクノリジーを利用していますか?

企画、文章作成、時間管理、ブレーンストーミングなどのあなたのスキルを後押しするウェブサイト、オンラインツールスマートフォン/タブレットのアプリがたくさんあります。それらを、上手に活用しましょう。

 

3:新しい情報を受け入れるために脳の訓練をしましょう。

効率的な学習を習慣化させましょう、自宅にプライベートな学習スペースを用意し、一日の特定の時間は、学習に専念するようにします。

 

4:適度な運動をしましょう。

適度な運動が、体に良いということはよく知られていますが、脳もそれを必要としています。ヨガなどの軽い運動は、学習の速度を高めます。

 

5:学習の雰囲気を大切にしましょう。

学習する際には、すぐに学習する気分になれるように、静かで気が散るものがない、落ち着いた環境が必要です。

 

6:ノートを多くとりましょう。

一部の人は読むだけで記憶できますが、そうでない場合は、ノートを取ることが絶対的に必要です。最も重要の情報だけ書き留めるようにしましょう。この単純な学習方法は、物事の本質について考える必要に迫られるだけでなく、学んできた事を確認するのに役立つ枠組みを提供してくれます。

 

7:マインドマップを作成します。

マインドマップは、学習のプロセスをスピードアップするための最高のツールの一つです。学ぼうとしている物事について、視覚的な表現を作成することで、効果的に情報を処理できます。もちろん、オンラインのマインドマッピングツールも使用することができます。

(マインドマップについてはコチラ-5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるマインドマップ (1/6) - @IT)

 

8:暗記を試してみてください。

暗記は、多くの場合誤って使用されていますが、もし、素早く定義や分類を学ぶ必要がある場合は、暗記も有効です。

 

9:関連情報を探してみましょう。

暗記は緊急の時のみ用います。最も効果的な方法で学びたい場合は、情報の前後関係をとらえる必要があります。関連情報について調査することで、学習の楽しさを発見できるでしょう。

 

10:毎日学習しましょう。

最初は、毎日勉強するのは大変かもしれませんが、最終的には習慣にすることができます。毎日少しずつ勉強すれば、読んだことを覚えるための総時間数は短くて済みます。

 

何事も継続は力なりです。長い目で、取り組んでいきましょう。

 

(source:10 Effective Ways To Make You A Faster Learner / Wherever I May Roam... - IM Creator)

広告を非表示にする