読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOT TO DO List

やらないことリスト-必要なのは,"やらない"を決めることなのかもしれない

キラッキラの笑顔をつくる5つのポイント

こんにちは。

 

突然ですが、「笑顔の人」と「無表情の人」、道を尋ねるならどちらの方を選びますか?

 

やはり、笑顔の方ではないでしょうか?

f:id:sn9:20160131213502j:plain

Best Friends - IM Creator

 

私自身、大人になってから笑顔の作り方を練習しておりますが、やはり日頃の積み重ねが大切です。

 

その中でも、笑顔を美しく見せるために口元のケアは欠かせません。口元に自信を持つためにはどうすべきか見ていきましょう。

 

1:歯磨き

殆どの人は何となく歯磨きをしていますが、必ず2分は歯磨きをする事、歯磨きをする時の歯ブラシの角度は45度、歯を強く磨きすぎないこと、食後すぐに歯を磨くのではなく、30分は待つ事を心がけましょう。

 

2:マウスピースを使う

夜歯ぎしりをする癖のある人は要注意です。強い力で噛み締めているため、慢性の頭痛の原因となったり、自分の歯のエナメル質を削ってしまうことになります。歯ぎしり癖のある人はマウスピースを嵌めて歯にダメージを与えないようにしましょう。

 

3:デンタルフロスを使う

帆の隙間には歯ブラシだけでは取り除けない歯垢が貯まってしまいます。しかし歯に合わないフロスを使うと歯ぐきや歯のダメージに繋がってしまうため、自分に合うものを探しましょう。

 

4:歯医者さんの定期検診

理想は半年に1度ですが、年に1度は必ず歯科の定期検診を受けましょう。歯を健康に保つことで美しい歯を維持できるだけではなく、疾患や病変の早期発見につながります。

 

5:歯ブラシ選び

沢山の種類の中から自分に合った歯ブラシを選びましょう。選ぶポイントは、歯ブラシをしてみて気持ちいいと感じられる事です。

 

 

綺麗な口元で居る事は簡単なことではありませんが、これらを少しずつ気にかけることによって白い歯で居られる事が出来、さらに口元の健康にもつながるのです。

 

そして、自然に笑顔ができてくることによって、心も安らぎ、周りの人にも幸せが伝染してくるはずです。

 

少しずつでもはじめてみてはいかがでしょうか?

 

 

広告を非表示にする